【瀰漫(びまん)性脱毛症とは?|女性の薄毛症状の種類】

女性に最も多い薄毛症状

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ

 

びまん性脱毛症とは?

毛髪が細く、弱くなり、全体的にヘアボリュームがなくなっていく薄毛症状です。

 

女性の薄毛はほとんどがこのタイプです。

 

全体的に毛が減っていくので、初期段階では気づきにくい面があります。

 

症状が進むと地肌が目立つようになっていきます(特に頭頂部)。

 

しかし、全体的に薄くなった毛から透けて見える感じで、局所的なハゲとは違います。

 

男性のハゲ(AGA)は局所的に始まり、一部がほぼ完全に脱毛して、その領域が広がっていきます。

 

女性の瀰漫性脱毛症との違いは明白です。

 

びまん性脱毛症の原因

女性に多いこの薄毛の原因は女性ホルモン(エストロゲン)の減少です。

 

一番多いのは、更年期に入って起こる自然な女性ホルモン減少。

 

したがってびまん性脱毛症は、40代後半以降の女性には広く見られる症状です。

 

しかし、過度のダイエットやストレス、睡眠不足、間違ったヘアケア、経口避妊薬なども原因になり得ます。

 

そのため、最近は若い女性でもびまん性の薄毛に悩む方が増えています。

 

びまん性脱毛症の治療

軽度のもの、症状の進行が遅いものであれば、女性用育毛剤なども考えられます。

 

ただ、医師の処方箋なしに買えるものは、効き目はかなり緩やかだと覚悟しておく必要があります。

 

効き目が緩やかだからこそ副作用も緩やかで、医師の指導なしに入手できるのです。

 

また、必ず女性用の育毛剤を使用してください。

 

育毛剤の成分としては、ミノキシジルやフィナステリドがありますが、フィナステリドは女性には禁忌です。

 

素人が成分のことまで判断するのは間違いのもとですから、とにかく女性用を使い、男性用は使わないということを守っていただきたいです。

 

そして効き目の緩やかな市販育毛剤では力不足と感じたなら、医師の薄毛治療を受けるべきだと思います。

 

医師が提供する治療法としては、注入療法、内服薬、外用薬などがあります。

 

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ