【分娩後脱毛症とは?|女性の薄毛症状の種類】

産後脱毛症とも呼ばれるよくある症状

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ

 

分娩後脱毛症とは?

産後によく見られる症状で、産後脱毛症ともいいます。

 

抜け毛が増えて全体のボリュームが減り、場合によっては局所的に進行して円形脱毛症になることもあります。

 

ただでさえ育児ストレスがかかる中で、「女」としての外見を失いそうな事態にパニックになり、そのストレスで症状をさらに悪化させる方もいます。

 

半年〜1年で回復するのが普通ですが、高齢出産の場合などは元に戻らない場合もあるようです。

 

分娩後脱毛症の原因

分娩後脱毛症の原因は、女性ホルモンバランスの崩れが原因です。

 

髪の成長に重要な役割を果たすエストロゲンの減少が主因という点は、びまん性脱毛症と同じです。

 

女性ホルモンは主なものとしてエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

 

妊娠していない時は、この二つのホルモンが交互に増減しています。

 

生理終了後から排卵まではエストロゲンが増加し、排卵後から次の生理まではプロゲステロンが増加します。

 

しかし、妊娠すると2つのホルモンが同時に増えていき、妊娠後期のピークを迎えます。

 

例えばエストロゲンの血中濃度は、妊娠後期には普段のピーク時の100倍にもなります。

 

そして出産が終わると女性ホルモンは急降下します。

 

また生理が始まって正常に戻るわけですが、人生史上最高のピークから急降下した後ですから、なかなかバランスが戻らない場合もあります。

 

この時、分娩後脱毛症という形で身体症状が現れる場合があるわけです。

 

産後うつや育児ストレスとの関係

産後うつも実は、ピーク後に急降下した女性ホルモンのバランスの崩れが原因です。

 

精神的にブルーになっている時に、抜け毛が止まらなくなると、それは実にきついものがあります。

 

加えて夜泣きしたりむずかる赤ちゃんのお世話は、特に初産のママには大きなストレスになることがあります。

 

産後うつや育児ストレスで心に負担がかかると、脱毛症はさらに悪化します。

 

分娩後脱毛症の治療

女性用育毛剤もいいですが、医師によるケアの方がより適切で効果的な薄毛治療になるでしょう。

 

また、精神的なストレスを取り除く努力も大切です。

 

「抜け毛は一時的なもので、時間が解決してくれる。今は赤ちゃんを一生懸命育てればいい。」

 

そう考えて、気持ちを楽に保つこと。

 

そしてパートナーや家族にも育児を手伝ってもらったり、コミュニケーションを保つこと。

 

そういうことも直接的なヘアケアと同じくらい大切になってきます。

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ