【粃糠(ひこう)性脱毛症とは?|女性の薄毛症状の種類】

大量のフケが皮膚炎を起こした結果の脱毛

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ

 

粃糠性脱毛症とは?

大量のフケが頭皮を覆い、そこに雑菌が異常繁殖して皮膚炎を起こし、毛穴周辺部や毛根を傷害して脱毛する症状です。

 

大量のフケがカサブタ状になって毛穴を覆うような症状を言うのであり、少しフケが増えたくらいのものはこれではありません。

 

比較的珍しい症状です。

 

粃糠性脱毛症の原因

フケが大量発生するのは、角質のサイクルの異常です。

 

これを引き起こす要因は複合的ですが、次のような要因が関係が深いことがわかっています。

 

  • シャンプーのすすぎが不十分
  • 整髪剤が合わない
  • 洗髪のしすぎによる皮脂の過剰な除去
  • ストレス
  • 食生活の偏り

 

こうした要因によってフケが大量発生すると、そこに雑菌が異常繁殖し、刺激物を産生して皮膚炎を起こすわけです。

 

細菌のエサになるものが皮脂かフケかの違いはありますが、メカニズム的には脂漏性脱毛症と似ています。

 

粃糠性脱毛症の治療

まずは皮膚科医の診察を受けた方が早いです。

 

そして薬で治療しながら、普段の生活も改善することです。

 

  • 頭皮・毛髪を清潔に保つ
  • 同時に皮脂を取りすぎないように注意する
  • シャンプー・整髪剤を自分に合ったものに変える
  • タバコ・アルコール・コーヒー・香辛料などの刺激物を避ける
  • 菜食に重きを置いた栄養バランスのいい食事を摂る
  • 睡眠を十分取り、ストレスを溜めない

 

皮膚病に根差した脱毛症なので、逆に言えば皮膚病が治れば髪は復活します。

 

ヘアメディカル女性無料カウンセリングはコチラ